表参道で、学生デザイナーの卒業展示会

編集部のジュエリーショップ訪問記

ジュエリー専門学校の卒展をのぞき見!クリエイティブなアクセサリーとの出会いにワクワク

小春日和の日曜日。ジュエリー専門学校の学生による展示会がやっていると聞いて、表参道に来ました。日本で代表的なジュエリー学校「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」の学生が手掛けた、オリジナルのシルバー作品などが展示販売されています。展示会名は「SILVER COLLECTION 2013」。 実は私、卒展というものに行くのは初めて。裏路地を進むと…ありました!ドキドキしながら、中に入ってみました。

入った瞬間、最初に目に入ったのがこれ。

作品名は「本の虫」。ブローチの虫が、厚紙の開かれた本(台座)にとまっているんだけれども、よく見ると、みんな羽に何か書いてあります。むむむ?なんだろう。

なんと、羽には、本の活字が書いてあったのです! しかも、本の開き具合にあわせて字がゆがんでいます。この細部までのこだわりっぷりには驚きました。「本屋さんの定員さんが、一人ひとり制服にこれをつけてたら素敵だなあ。」なんて空想をしていました。本好きの人にはぜひ着けてほしいですね。

次に気になったのは、こちらのコレクション。「PENNYROYAL」というブランド名がついていました。

まるで、ショップの店頭で並んでいてもおかしくないような雰囲気です。その中で、ひときわ存在感を放っていたリングがこれ。

2つの羽がつながり、輪をなしている形のリング。もう既に、使い込まれた雰囲気が良い感じに醸し出されています。持ってみると、かなりの重量感が。翼が生えた気分になれる、ロマンあふれるリングです。

そのほかにも、「わたしの嫌いな物」と題して納豆をモチーフにしたアクセサリーセット(ネバネバの糸が金属によってリアルに表現されていて、感動しました)などのユニークな物から、スカルをモチーフにした、王道のメンズアクセサリーまで、さまざまなオリジナル作品が展示されていました。

休日であったせいか、お客さんは常に入っている状態。出展学生の知人と思われる人から、業界関係者の方まで、静かな雰囲気ながらも活気あふれるコレクションでした。

  • ■SILVER COLLECTION 2013
  • 2013/1/31(木)~2/2(土) 11:00~19:00
  • Gallery COMMON(渋谷区神宮前5-11-1 )
  • By ヒコ・みづのジュエリーカレッジ
  • ジュエリークリエーターコース2年生