婚約指輪を買う時期・価格について

婚約指輪のお返しは必要?相場は?

相場はいくらぐらい?

31.7万円が全国平均の相場。でもあくまでも自分たちが納得できる価格でOK

2012年10月に発表された、ゼクシィ結婚トレンド調査によれば(アンケート実施:2012年春、対象2011年4月~2012年3月に結婚したカップル)、婚約指輪の全国相場は、31.7万円とのこと。


エリア別に見ると、首都圏33.3万円、関西35.5万円、東北は20万円台後半と、多少のばらつきは見られます。しかしこちらはあくまで平均なので参考程度にとどめておくのがベター。
大切なのは自分たちにふさわしい婚約指輪を見つけることです。

プロポーズの前に買った方がいいの?

プロポーズの前後ならいつでも大丈夫。婚約が決まってから二人でえらぶ派多し

プロポーズの際に、「結婚してください」と婚約指輪を渡したい男性(渡されたい女性)もいるでしょう。
一生に一度のプロポーズ、それぞれ思い描いていた理想のシーンがあるはずです。

もちろんそれもロマンティックですが、実際のところは、「サイズが合わなかったら大変」「好きなデザインじゃなかったら困る・・・」という女性の本音も。
あるいは「どうせなら二人で一緒にえらびたい」と、二人でジュエリーショップに行くことを結婚へのステップの一つとして楽しむカップルも最近は増えています。

いつまでに買えばいいの?

結納や両家の顔合わせなど、どうしても必要な日の1ヶ月前にはオーダーしておきたいもの

婚約指輪、ゆっくり選ぶ時間がなくてぱぱっと決めちゃいました、というのはよく聞く話です。
挙式までには必ず必要な結婚指輪に比べて、婚約指輪は自分たちのペースでオーダーしてOKです。
でもたとえば、結納などを予定しているのなら、その日には受け取れるようにしたいですね。1ヶ月あれば大丈夫でしょう。
ただし、フルオーダーなどの場合はもっとかかることもあるので、まずは始めにブランドへ確認しましょう。

婚約指輪と結婚指輪、同じところで買うのが常識?

どこで購入してもOK! それぞれこだわりや予算に合わせて好きなブランドをチョイスしよう

もちろん、それぞれ違うお店でえらんで構いません。婚約指輪は女性がえらんで、結婚指輪は男性がえらぶというケースも少なくありません。
たとえば、婚約指輪は単純にダイヤモンドの大きさ重視で、結婚指輪は二人の好きなブランドで素朴なものをオーダーメイド、など。
こだわるポイントも違えば、ブランドも変わってくるでしょう。
ただ、同じブランドで購入すると、割引があったり、特典がついたりすることもあるので、そこは二人で話し合ってみてください。

婚約指輪のお返しは必要?

最近増えている婚約指輪のお返し。結納などがある場合は何か用意してみては

最近では、もらってばかりじゃなく、婚約指輪のお返しに彼にも何かあげたい! という女性が増えているようです。
女性からのお返しは必須ではありませんが、これならお互いが嬉しい気分になれていいですよね。

特に結納など、両家の顔合せの機会があれば、そこで婚約指輪がお披露目されることになります。
その場合、女性からも何かお返しになるものを用意しておいた方が無難。
ダントツで人気なのは腕時計。その他、バッグ、オーダーメイドのスーツやジャケット、などが一般的です。

プレゼントを贈り贈られる…素敵な行為ですよね。お返しは何よりも彼が欲しいものを贈ってあげるのが一番かもしれません。