ダイヤモンドについて

4Cってなに?やっぱり大きい方がいいの?

4Cって何?

世界共通のダイヤモンドを評価するための基準のこと。これによって価格が大きく異なることも

ダイヤモンドの品質は、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づく”4C”と呼ばれる4つの要素のコンビネーションで評価するとされています。

【4C】
・Cut(カット=輝き)
・Carat(カラット=大きさ、重さ)
・Color(カラー=色)
・Clarity(クラリティ=透明度)

それぞれがランク分けされていますが、肉眼でその違いが判別しやすいものはカラット(大きさ)とカット(輝き)です。
カットが高評価のものであれば、ダイヤモンドの繊細な美しい輝きを十分に楽しめます。カラットは見た目そのもの。
カラーとクラリティ(透明度)は一般的には違いを見分けるのはむずかしいとされています。

よく耳にするカラットって何?

大きさ=魅力。誰にでも見分けやすいので、これだけは覚えよう

ダイヤモンドをはじめおおくの宝石の重さは、カラットを用いて表わします。1カラットは0.2グラムで、“ct”と表記されます。大きくなるほど希少性は高くなるもの。

たとえば、透明度を表すクラリティが4段階違えば、ほぼ2倍の価格差がありますが、実際のところ、肉眼では区別がつきにくい、というのが現状です。
それならば、見た目で判断しやすい大きさ、カラットを重視した方が、コストパフォーマンス的にも高いでしょう。

ダイヤモンドのカットの特徴は?

ダイヤモンドの輝きを決める大切な要素。婚約指輪に最適なのはトリプルエクセレントの輝き。

価格や見た目を大きく左右するのがカラットならば、ダイヤモンドの輝きや煌めきを決定づける一番大切な要素は[カット]です。このカットが、ダイヤモンドが生まれ持った美しさを引き立てます。
理想的なプロポーションとフィニッシュがまるで光が放たれているような輝きを生み出します。

カットのグレードは、理想的な形であるかどうかの“プロポーション”と、仕上げ工程の“フィニッシュ”の総合的な評価で定められます。
フィニッシュはさらに研磨(ポリッシュ)と対象性(シンメトリー)に分けられて厳正に評価されます。

中でも婚約指輪にベストなダイヤモンドのカットといえば、上記の3つがすべてエクセレントと評価をされた“トリプルエクセレント”カット。希少性も高いことから、一生ものの婚約指輪にはぴったりといえるでしょう。

やっぱりダイヤモンドは大きいものに限る?

ずっと残したいものだから、トータルで良質なものをえらぼう

4Cの全てのバランスが取れているものがおすすめ。大きさばかり重視しても、不純物が肉眼で確認できるようだったり、黄色味がかかっているようでは、せっかくのダイヤモンドも価値が下がってしまいます。
ただ、将来的にネックレス等にリフォームすることになった場合、できるだけ大きい方が加工しやすく、結果的に長く楽しめることにもなります。