ショップで困らないために

受け取りまでの日数や予算を抑えるコツなども解説

購入してから何日ぐらいで受け取れるの?

刻印を入れるなどして3週間後ぐらいにできあがり。余裕を持った指輪選びを心がけて!

ショップによっても異なりますが、通常、レディメイドとよばれる既成の結婚指輪でも刻印を入れたりするので購入してから受け取りまで少なくとも3週間はかかります。フルオーダーの場合などはもっとかかることもあるでしょう。欲しい指輪のタイプがきまったらまずはスケジュールと照らし合わせてみましょう。
時間がなく、急ぎということを伝えれば多少早めに受け取れるところもあるので、ブランドに直接相談してみるのが一番です。

支払いは現金? クレジットカード?

どちらでもOK。ふたりのこれからを考慮して決めよう

縁起物なので現金で払いたい、という方もいれば、大金を持ち歩くのが不安だからカードで、という方も。
これといってしきたりもないので、二人のウェディング予算に合わせてそれぞれの価値観で選択して。

できるだけ予算を抑えたいけどどうしたらいい?

婚約指輪と結婚指輪を兼ねたエタニティリングなら一つで済むよ。セットリングというのもおすすめ

婚約指輪としても結婚指輪としてもずっと使えるエタニティリング。ダイヤモンドがアームを一周(もしくは半周)囲み、見た目も華やかです。
大きなダイヤモンドを使っていないので、数の割には意外と割安なことも。
また婚約指輪と重ねづけすることを前提にしたセットリングは、トータルで見ると多少価格が抑え目になっているので、予算を抑えたいなら一度見てみるといいかもしれません。

一生ものだからとにかく品質の良いものを選びたい!

購入時に、きちんと鑑定書と保証書をもらえるところを選ぼう

通常、ダイヤモンドには鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)が付いてきます。これは第三者的な立場である鑑定機関において公正に鑑定されているという証明。国際的に統一された品質評価基準で鑑定されています。
ほとんどが管理・統制されて市場に流通するダイヤモンドだからこそ、価値が安定しているともいえるのです。
一部の合成石・処理石、ダイヤモンド以外の宝石には発行されないことから、鑑定書が付いてくるかどうかでそのダイヤモンドが本当に正当で良質なものであるかを見分ける基準になります。

イメージイラストとか描いて持参してもいいの?

希望のイメージはできるだけ伝えた方がいい!イラストや好みのタイプの写真などでも十分

こんな感じのものが欲しい、とイメージが固まっているなら、イラストでも雑誌の切り抜きでも持参した方が指輪選びがスムーズに進みます。
でも、決まっていなくても大丈夫。特に、オーダーメイドをしてくれるブランドではジュエリーデザイナーに直接相談ができることも多く、言葉で伝えたイメージをその場でイラストに書き起こしてくれます。