プロポーズ予備軍男子に贈る、はじめての婚約指輪レッスン

いざ買う時に困らない!はじめてさん向けの基礎知識です

「ジュエリーなら誕生日とかクリスマスにあげたことあるんだけどなぁ」という声が聞こえなくもないけれど、婚約指輪は一生に一度、このタイミングでしか贈れない特別なもの。価格が高いのは、高価な貴金属や宝石をあしらっている(ファインジュエリー)だから。結婚という覚悟を決める意味でも、本当の男らしさを見せるチャンス!!

本来婚約指輪は、結納品として男性から女性へ贈られるもの。結納をしないことが多くなった今でも、プロポーズにはエンゲージリングが欲しい!という女性が多いハズ。二人で相談して買いに行ってもいいけど、がんばって男性だけが選んだリングをサプライズで渡すのは、やっぱり素敵ですよね。

婚約指輪が給料の3か月分なんて言われたのも今や昔。ここ数年は20万~30万ぐらいが相場と言われています。ただし、ダイヤモンドの数や大きさ、グレードなどで価格が大きく変わってくることをお忘れなく。婚約指輪の定番はプラチナですが、肌なじみが良くカラーの種類も豊富なゴールド素材が、新しく注目されつつあります。

彼女の好みや好きなデザインがわからない。。という悩みは当然。でも大丈夫、一生に一度きりの婚約指輪は、やはり正統派のデザインが一番! デザインの好み、年齢、流行に左右されない婚約指輪として王道なのが、一粒の綺麗なダイヤモンドがシンプルにセッティングされた6本爪のソリテールタイプです。その中でもアーム(輪)部分や台座のデザインにひと工夫あるものが、普通過ぎなくてオススメ。

婚約指輪はやはりブライダルジュエリーの専門ブランドで買うのが一番。ダイヤモンドのグレードを保証する鑑定書がついてくるし、購入後のアフターサービスもしっかりしているので安心です。でもあせりは禁物。いきなりお店に行く前に、まずはエンゲージRでそれぞれのお店をチェック。ブランドによって、価格帯も違うし、セミオーダー・フルオーダーが可能かどうかなど特徴があります。予算やサービスなど、自分にあったブランドをじっくり選びましょう!

せっかくだから彼女に内緒でリングを用意してびっくりさせたい! それならお店で店員さんにじっくり相談して、という手もありますが、慣れないジュエリーショップ、店員さんとのトークに緊張しすぎて選ぶどころじゃない…というパターンに陥ることも。それならばオンラインブランドでの購入も考えてみては? 直接店員さんと会わなくても、まずは自宅からメールで色々と相談もできるし、予算や知識も見栄を張らなくて済みます。 リングのサイズを測るリングゲージを貸してもらえたりするので、彼女のリングのサイズが判らなくても安心。もし、サイズが合わなくても、彼女に渡してからのサイズ直しだってOKなのです。
ネットでフルオーダーメイド!? >>> MITUBACI<ミツバチ> Bee O<ビーラブ>

  • 一番の悩みどころのデザイン。MITUBACI<ミツバチ> Bee O<ビーラブ>のデザインは、なんと1種類!決まってるから悩まない。そしてダイヤモンドは、予算や好みに合わせて3種類の大きさから選べるよ。

  • 彼女の好みに左右されない正統派のソリテールタイプのMITUBACI<ミツバチ> Bee O<ビーラブ>。台座にはミツバチの巣をイメージした 六角形のモチーフが!シンプルな中にこだわりを感じるデザインがポイント。

  • プラチナ2種類、ゴールド5種類の中から好きな素材がえらべる!婚約指輪ではめずらしい、 ライムゴールドやシャンパンゴールドなんていうオリジナルの素材に注目!オシャレな彼女だってこれなら納得。

  • リングの内側に入れるシークレットストーンは、さりげないこだわりとして大きなサプライズポイント!カラーダイヤモンドや誕生石のカラーストーンなど、なんと24種類から選ぶことが可能。